平野暁臣の名言

平野暁臣のプロフィール

世界に売るということ 平野暁臣

平野 暁臣(ひらの あきおみ/1959年2月18日-/男性)は、株式会社現代芸術研究所代表を務める空間メディアプロデューサー著述家。東京都出身。岡本敏子(岡本太郎のパートナー)の甥にあたり、岡本太郎記念館の館長も務める。横浜国立大学工学部建築学科、横浜国立大学大学院、建設会社を経て岡本太郎が創設した現代芸術研究所へ入る。主にイベントやミュージアムなどの空間メディアのプロデュースを手掛ける傍ら、日本イベント業務管理者協会名誉会長、サイバー大学客員教授、日本イベント産業振興協会アドバイザー、経済産業省・中小企業政策審議会委員、内閣府・地域活性化伝道師なども歴任。著書も多数発表している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+「世界に売る」ということ/プレジデント社+「才能」だけではつくれない/美術出版社)

著書

主な著書(共著・編著・プロデュース書・監修書等含む)に『「世界に売る」ということ 平野暁臣の仕事の鉄則/プレジデント社』『岡本太郎にであう旅 岡本太郎のパブリックアート/小学館(プロデュース/著:大杉浩司)』『岡本藝術 岡本太郎の仕事1911-1996→/小学館』『大阪万博 20世紀が夢見た21世紀/小学館』『ドキドキしちゃう 岡本太郎の書/小学館(監修)』『これから 岡本太郎の書/小学館(監修)』『岡本太郎と太陽の塔/小学館』『岡本太郎の沖縄/小学館(編集)』『万博の歴史 大阪万博はなぜ最強たり得たのか/小学館』『TARO100祭 岡本太郎生誕百年の記録/二玄社』『岡本太郎の仕事論/日本経済新聞出版社』『イベントプランニング ハンドブック イベント計画実務の実際/星雲社』『イベント富国論 ソフト化時代の地域活性化戦略/東急エージェンシー』『岡本太郎 「太陽の塔」と最後の闘い/PHP研究所』『「イベント実務」がよくわかる本/イースト・プレス』『コトづくりの眼 イベントを読み解く48の着想/星雲社』『体感美術館 川崎市岡本太郎美術館の展示空間/Ricochet』『仕事がうまくいく人の「仕掛ける」技術 ほんの少しの違いが、大きな結果を生む/青春出版社』『「才能」だけでは、つくれない。つくる人、動かす人になる5つのメソッド/美術出版社』などがある。

平野暁臣の名言集

夢・成功について

ビジョンは
迷いのない言葉で伝えること。

最初に描いたイメージに
固執する必要などない。

仕事・経営について

多くの技を身につけなければ
という誘惑に負けないことだ。

決め技をもっていない者が
メニューを増やしたところで
意味がない。

「二番煎じ」は
プロデュースとは言わない。

ぼくたちはもう
安くて便利なだけでは
満足しない。

日々の暮らしに
上質な刺激を与えてくれるもの

生活信条や美意識を
満たしてくれるもの。

新しい世界を
見せてくれるものしか
欲しがらない。

クリエイティブとは
新しい「なにか」を
世に問うこと。

「問題意識」と「解決策」が
セットになってコンセプト。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る