岡田憲治の名言

岡田憲治のプロフィール

働く大人の教養課程 岡田憲治

岡田 憲治(おかだ けんじ/1962年-/男性)は、東京都東久留米市出身の社会学者著述家。専修大学法学部教授を務める人物であり、現代デモクラシー思想や民主政治体制などを主に研究している。また民主政の基礎条件、日本社会論、アジア・太平洋戦争史、大学教育なども関心領域となっている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+働く大人の教養課程/実務教育出版)

著書

主な著書(共著含む)に『デモクラシーは、仁義である/KADOKAWA』『ええ、政治ですが、それが何か?自分のアタマで考える政治学入門/明石書店』『言葉が足りないとサルになる 現代ニッポンと言語力/亜紀書房』『「踊り場」日本論/晶文社(小田嶋隆との共著)』『静かに「政治」の話を続けよう/亜紀書房』『権利としてのデモクラシー 甦るロバート・ダール/勁草書房』『政治制度のしくみ 必ずわかる/ナツメ社』『はじめてのデモクラシー講義/柏書房』などがある。

岡田憲治の名言集

仕事・経営について

「ガンバリマス」という
空虚な言葉。

頑張るなどということは
そもそも仕事の
評価項目にすら入らない。

社会で働き
そこから何かを学ぶ
そして少しずつでも
水準を上げるためには

他者からの評価を
全身で浴びなければなりません

わかっていないくせに
わかっていることに
しないこと。

何がわからないのかがわかれば
問題の半分以上が
解決したに等しい。

「教えてください」と
言ってきた者を
本当にヘルプしてあげよう
という気持ちになるのは

「ここまで頑張りましたが
この先ができません」と
首を垂れてきた時です。

発言する時は
出来上がった完成品を
提出しなければならない。

なんと切ない
不幸な誤解でしょうか。

「完璧な事を言わなければ」
という脅迫概念は
捨てなさい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る