小林正観の名言

小林正観のプロフィール

宇宙を貫く幸せの法則 小林正観

小林正観(こばやし せいかん/1948年11月9日-2011年10月12日/男性)は、東京都深川出身の心学・潜在能力研究家著述家講演家。人間の潜在能力やESP現象、超常現象に学生時代から興味を持ち、心学などの研究を行っていた人物であり、多数の著書を発表し、全国各地で年間約300回にものぼる講演を行っていた。また、歌手や作詞家、デザイナー(SKPブランドオーナー)としての一面も持っていた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+淡々と生きる/風雲舎+豊かな心で豊かな暮らし/廣済堂出版+宇宙を貫く幸せの法則/致知出版社+脱力のすすめ/イースト・プレス+幸も不幸もないんですよ/マキノ出版+もうひとつの幸せ論/ダイヤモンド社+無敵の生きかた/廣済堂出版+すべてを味方 すべてが味方/三笠書房)

著書

主な著書に『人生は4つの「おつきあい」悩みが消える、もっと楽しく生きられる/サンマーク出版』『ありがとうの神様 神様が味方をする71の習慣/ダイヤモンド社』『神さまに好かれる話 悩みを解決する法則/三笠書房』『宇宙法則で楽に楽しく生きる/廣済堂出版』『こころの遊歩道「1日5分」で幸せを感じる方法論/イースト・プレス』『100%幸せな1%の人々 すべてが幸せになる59の法則/KADOKAWA』『淡々と生きる 人生のシナリオは決まっているから/風雲舎』『なぜ、神さまを信じる人は幸せなのか?私がいちばん伝えたかった幸せ論/イースト・プレス』『嬉しく楽しく、幸せになってしまう世界へ、ようこそ/廣済堂出版』『「ありがとう」のすごい秘密/KADOKAWA』『すべてを味方 すべてが味方/三笠書房』『この世の悩みがゼロになる/大和書房』『「今」という生きかた/廣済堂出版』『笑顔で光って輝いて いきなり「幸せ」がやってくる71の法則/実業之日本社』『ごえんの法則 五つの「えん」の意味を解く/大和書房』『「そ・わ・か」の法則 人生を輝かせる“実践方程式”/サンマーク出版』『「き・く・あ」の実践 今すぐ幸せになれる方法/サンマーク出版』『ありがとうとお金の法則/大和書房』『豊かな心で豊かな暮らし/廣済堂出版』『釈迦の教えは「感謝」だった 悩み・苦しみをゼロにする方法/風雲舎』『楽しい人生を生きる宇宙法則/講談社』『22世紀への伝言 もうひとつの幸せに出会う/廣済堂出版』『幸も不幸もないんですよ 人に、お金に、運に好かれる法則/マキノ出版』『宇宙を味方にする方程式/致知出版社』など多数。

小林正観の名言集

幸せ・癒しについて

結局のところ
私たちが目の前の現象を
どう思うか、感じるかであって

『幸せ』という名の現象が
宇宙に存在するわけでは
ありません。

だから普通に歩けることが
幸せだと思った人には
幸せが一個。

目が見えることを
幸せだと思った人は
幸せが二個、手に入る。

耳が聞こえて幸せ
口で物が食べられて幸せ
鼻で呼吸ができて幸せ…

というふうに考えていったら
いくらでも幸せが手に入ります

淡々と過ぎていく
普通の毎日が
幸せの本質です。

「為しあわせ」という言葉が
「幸せ」という言葉の
語源になりました。

つまり、幸せとはお互いに
「してあげあう」ことを
言うのです。

あれが欲しい
こうしたい
こうなりたい
という思いが強ければ強いほど
「苦」は大きくなります。

悩み苦しんでいる人ほど
強い思いを
抱いているものなのです。

人間の欲望、欲求
執着には際限がありません。

足るを知る。
これに気がつかない限り
人間が幸せになることは
ないでしょう。

周りを豊かにしてあげよう
と思う心こそが
自分自身を豊かにするのです。

子育て・教育について

子どもは親の
「言っていること」ではなく
「行動」を見ている。

癒し・幸せについて

悩み、苦しみ
苦悩、煩悩とは

何かを自分の思い通りに
しようとした瞬間に
生まれるのです。

人間がほんとうに心の底から
幸せを感じられるのは
喜ばれた時です。

小林正観の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る