アインシュタインの名言 第3集

アインシュタインの名言3

アインシュタイン
書籍一覧

「20世紀最大の物理学者」や「現代物理学の父」と称されるドイツ生まれの理論物理学者「アインシュタイン」の名言 第3集をお楽しみください。

アインシュタインの名言集

自分自身のことについて
誠実でない人間は、
他人から重んじられる資格はない。

人生は退屈すれば長く、
充実すれば短い。

成功という理想は、
そろそろ奉仕という理想に、
取って替わられてしかるべき時だ。

平和は力では保たれない。
平和はただ分かりあうことで、
達成できるのだ。

私は何ヶ月でも、
何年でもひたすら考える。

九十九回目までは、
答えは間違っている。

百回目でようやく、
正しい結論にたどり着く。

我々の直面する重要な問題は、
その問題を作ったときと
同じ考えのレベルで、
解決することはできない。

自分自身の目で見、
自分自身の心で感じる人は、
とても少ない。

人生とは
自転車のようなものだ。

倒れないようにするには、
走らなければならない。

普通と言われる人生を
送る人間なんて、
一人としていやしない。
いたらお目にかかりたいものだ。

間違いを犯したことのない人
というのは、

何も新しいことを
していない人のことだ。

アインシュタインの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る