アインシュタインの名言 第2集

アインシュタインの名言2

アインシュタイン
書籍一覧

「20世紀最大の物理学者」や「現代物理学の父」と称されるドイツ生まれの理論物理学者「アインシュタイン」の名言 第2集をお楽しみください。

アインシュタインの名言集

私は先のことなど
考えたことはありません。
すぐに来てしまうのですから。

どうして
自分を責めるんですか?

他人がちゃんと
必要な時に責めてくれるんだから、
いいじゃないですか。

人間性について
絶望してはいけません。

なぜなら
私達は人間なのですから。

何かを学ぶためには、
自分で体験する以上に
いい方法はない。

第三次世界大戦はどう戦われるか、
わたしにはわかりません。

しかし、第四次大戦ならわかります。
石と棒を使って戦われることでしょう。

人間にとって最も大切な努力は、
自分の行動の中に、
道徳を追求していくことです。

賞賛による堕落から逃れる方法は、
ただひとつ。
仕事を続けることである。

私は一日100回は、
自分に言い聞かせます。

わたしの精神的ならびに物質的生活は、
他者の労働の上に
成り立っているということを。

神の前で人間は
等しく賢明であり、

神の前で人間は
等しく愚かである。

成功した人間に
なろうとするな。

価値のある人間に
なろうとせよ。

アインシュタインの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る