アインシュタインの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

アインシュタインのプロフィール

アインシュタイン
書籍一覧

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein/1879年3月14日-1955年4月18日)は、「20世紀最大の物理学者」や「現代物理学の父」と称されるドイツ生まれの理論物理学者。特殊相対性理論&一般相対性理論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、相対性宇宙論、固体比熱理論、光子仮説による光の粒子と波動の二重性、半古典型のシュレディンガー方程式、零点エネルギー、ボーズ=アインシュタイン凝縮などの業績で知られる人物であり、1921年にノーベル物理学賞を受賞(光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明等による)。日本では現代ドイツ語の発音に由来し「アルバート・アインシュタイン」とも呼ばれている他、「天才」の代名詞として使われる事も多い。また、睡眠時間は一日10時間であったと言われています。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

アインシュタインの名言集

人生における成功をA、
仕事をX、遊びをY、
口を閉じることをZすると、
A=X+Y+Zが成立する。

学べば学ぶほど、
自分がどれだけ無知であるかを
思い知らされる。

自分の無知に気付けば気付くほど、
よりいっそう学びたくなる。

私は頭が良いわけではない。
ただ人よりも長い時間、
問題と向き合うように
しているだけである。

過去から学び、
今日のために生き、
未来に対して希望を持つ。

大切なことは、
何も疑問を持たない状態に、
陥らないようにすることである。

人生には
たった二つの生き方があるだけだ。

一つは奇跡などないかのような生き方、
もうひとつは、まるですべてが、
奇跡であるかのような生き方だ。

われわれが進もうとしている道が、
正しいかどうかを、
神は前もって教えてはくれない。

知性は、方法や道具に対しては、
鋭い鑑識眼を持っていますが、
目的や価値については盲目です。

学校で学んだことを、
一切忘れてしまった時に
なお残っているもの、
それこそ教育だ。

無限なものは二つあります。
宇宙と人間の愚かさ。
前者については断言できませんが。

常識とは十八歳までに身につけた、
偏見のコレクションのことをいう。

手段は完璧で、
目的は混乱している。

というのが、
私の見た現代の特長だ。

アインシュタインの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


スポンサーリンク



バックナンバー


ページトップに戻る