久保憂希也の名言

久保憂希也のプロフィール

伝える力の超教科書 久保憂希也

久保憂希也(くぼ ゆきや/1977年-/男性)は、和歌山県和歌山市出身の経営コンサルタント実業家、ビジネス書作家、元東京国税局国税調査官。株式会社InspireConsulting代表取締役社長。慶應義塾大学経済学部を卒業後、2001年に国税庁へ入庁。東京国税局に配属され、税務調査・外国人課税事務・確定申告関連事務などを担当。 2005年に(株)光通信に転職し、新規事業・経営企画・事業戦略・M&A・事業提携などを担当。2007年に子会社の取締役に就任し、グループ全体26社・3,000人の部下を統率。2008年に株式会社InspireConsultingを設立し独立。経営全般に関するコンサルティング事業を手掛けている。

(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+久保憂希也 公式HP+伝える力の超教科書/大和書房+「数字」で考えれば、仕事の9割はうまくいく/KADOKAWA,中経出版+数字力の教科書/大和書房+5つの社長力/ビジネス社+数字力のルール/大和書房+会計リテラシーが仕事も人生も変える!/ディスカヴァー・トゥエンティワン)

著書

主な著書(共著含む)に『社長にも読ませたい日本一やさしく経営がわかる会計の本/ディスカヴァー・トゥエンティワン』『経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本/ディスカヴァー・トゥエンティワン』『頭の回転数を上げる45の方法 成果を出す人はどこがちがう?/ディスカヴァー・トゥエンティワン(芝本秀徳との共著)』『社長、税務調査の損得は税理士で決まる!/あさ出版』『文系ビジネスマンでもわかる数字力の教科書 当たり前なのに3%の人しかやってない仕事の数字をつかむ術/大和書房』『伝える力の超教科書 仕事の「伝わらない」を100%改善する 問題は話し方じゃなかった/大和書房』『20代で絶対に身につけたい数字力のルール ビジネスに必要な「仕事の数字」が100%わかる本/大和書房』『元国税が教える会社を救う!5つの社長力 中小企業のためのウラ経営書/ビジネス社』『「数字」で考えれば、仕事の9割はうまくいく/KADOKAWA』『「数字」で考えるコツをつかめば、仕事の9割はうまくいく/中経出版』『サラリーマンの教科書 入社3年目までにマスターすべき27のルール/WAVE出版』『会計リテラシーが仕事も人生も変える!/ディスカヴァー・トゥエンティワン』などがある。

久保憂希也の名言集

人間関係について

「相手にどう伝わったか」
がすべて。

「言う」のではなく
「伝える」。

仕事・経営について

情報は
「前提」と「結論」を疑え。

「期限」と「数字」を入れれば
軸はブレません。

100%完璧な計画など
存在しない。

話すからには
結論を出せ。

批判するなら
代案を出せ。

意味のない数字を
見ている人が多い。

本質を語っている数字が
どれかを見極めろ。

平均は
何も語らない。

二流とは
意見を通せない人。

目標と現実を
それぞれ数字で表すことが
問題解決の第一歩。

会社は
未来をよくするためのツール。

ありとあらゆる意思決定を
数字を使って
合理的に判断できれば

難しい問題が起こっても
最良の選択肢を
見つけることが出来ます。

意思決定のスピードが上がれば
タスクをこなす
優先順位も明確になり

「やらなければならない業務」
から抜け出して

「やりたい仕事」が
できるようになります。

ベストの答えにも
さらに上がある。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る