永井均の名言

永井均のプロフィール

倫理とは何か 永井均

永井均(ながい ひとし/1951年11月10日-/男性)は、東京都出身の哲学者著述家大学教授。存在論・倫理学などを専門分野とする哲学者であり、信州大学人文学部教授や千葉大学文学部教授などを経て日本大学理学部教授に就任。哲学に関する著書を多数発表しているほか、朝日新聞夕刊上で悩み相談なども手掛けていた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+子どものための哲学対話/講談社)

著書

主な著書(共著含む)に『なぜ意識は実在しないのか/岩波書店』『翔太と猫のインサイトの夏休み 哲学的諸問題へのいざない/筑摩書房』『子どものための哲学/講談社』『哲おじさんと学くん 世の中では隠されているいちばん大切なことについて/日本経済新聞出版社』『転校生とブラック・ジャック 独在性をめぐるセミナー/岩波書店』『マンガは哲学する/岩波書店』『存在と時間哲学探究/文藝春秋』『倫理とは何か 猫のアインジヒトの挑戦/筑摩書房』『道徳は復讐である ニーチェのルサンチマンの哲学/河出書房新社』『ウィトゲンシュタインの誤診 青色本を掘り崩す/ナカニシヤ出版』『私・今・そして神 開闢の哲学/講談社』『子どものための哲学対話/講談社』『ウィトゲンシュタイン入門/筑摩書房』『これがニーチェだ/講談社』『哲学の賑やかな呟き/ぷねうま舎』『ルサンチマンの哲学/河出書房新社』『私の存在の比類なさ/講談社』『転校生とブラック・ジャック 独在性をめぐるセミナー/岩波書店』『哲学の密かな闘い/ぷねうま舎』などがある。

永井均の名言集

仕事・経営について

なんでも、それぞれの分野が
とても気に入って
そこで遊んでいるうちに

その領域で長く遊んだ
経験がある人だけが
わかるような楽しさってものが
だんだんできてくるんだ。

精神について

気分とか感情はね
無理に抑え込もうとすると
心の中で
くすぶりつづけるからね。

ただ忘れるのが
いちばんいいんだ。

自分に起こる色んな嫌な事とか
不愉快な気分なんかを
自分の中でうまく処理する
方法を身につけている人が

ほんとうの意味での
おとななんだよ。

人間関係について

友情って本来
友だちなんかいなくても
生きていける人たちの間にしか

成り立たないものなんじゃ
ないかな?

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る