古田武の名言

古田武のプロフィール

家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ 古田武

古田武(ふるた たける/1938年-/男性)は、株式会社レジュイールの創業者として知られる実業家。長野県出身。中学卒業後、東都ランドリーに就職。クリーニング店の基礎を学んだ後、同業のサンランドリーに移り、婦人服専門のクリーニング店をサンランドリーの支店として発足。同店の店長を長年に渡り務め、1983年にサンランドリーから同店舗を買い取り「レジュイール」として独立。汚れが落ちなければ糸をほどき縫い直すなど、その徹底した仕事ぶりは多くのメディアで取り上げられ、他店では修繕の難しさから依頼を断られた品やクリーニングの失敗品などが全国から集まるようになり、いつしか「服のお医者さん」とも称されるようになる。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書に『クリーニングのプロが教える 家庭でできる洋服の洗い方とお手入れ/マイナビ出版』『クリーニング革命 すべては喜ばれるために/アスペクト』などがある。

古田武の名言集

仕事について

長く続けてこそ
仕事はものになる。

長く続けて
誰にもできないレベルに
至った時
その仕事が転職になる。

そうなければ
誰に言われなくても
仕事に妥協しなくなり

自分の力で
お客様の幸福を生み出すことが
できるようになる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る