小口昭三の名言

小口昭三のプロフィール

NO-IMAGE

小口昭三(おぐち しょうぞう/1928年-/男性)は、「マジック牡丹」の考案者として知られる花火職人・煙火技師。三遠煙火株式会社の創業者。長野県諏訪市出身。煙火師の父のもとに生まれたが家業は兄が継いだため、自身は岡谷工業高校を卒業後、日本無線に入社。しかし労働争議が続き紛糾していた日本無線を退社したため、兄から花火の技術を学び、1952年に花火工場を設立。39歳のときに秋田県大曲全国花火競技大会で創作花火「マジック牡丹」を発表。打ち上げて花開いた色彩が一度消え、再び花開くマジック牡丹は花火業界に激震を起こし、三遠煙火の名は業界で広く知られる存在となる。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所+週刊ポスト/小学館)

小口昭三の名言集

仕事について

いつの世も
よく働くのもいれば
怠け者もいる。
まず必死に働け。

夢・成功について

どんなに失敗を重ねても
最後までやり通すのが
当然だと思っていた。

もし諦めていたら
今日の自分はない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る