近藤麻理恵の名言

近藤麻理恵のプロフィール

近藤麻理恵

近藤麻理恵(こんどう まりえ/女性)は、整理整頓に関する専門家として知られる片づけコンサルタント著述家。愛称は「こんまり」。幼い頃から整理整頓に関心を持ち、独自で片づけの研究を行い、東京女子大学在学中に片づけコンサルティング業務を開始。卒論では「ジェンダー(男女)の視点から見た掃除/片づけ」を提出。東京女子大学を卒業後、株式会社リクルートエージェントに入社。2009年に同社を退社し、片づけコンサルタントに転身。2010年に『人生がときめく片づけの魔法/サンマーク出版』を出版し、多くのメディアで取り上げられる。同書は100万部を超えるベストセラーとなり、自身も多くのテレビ番組などに出演。片づけコンサルタントとして広く知られるようになる。2015年にTIME誌の「最も影響力のある100人・artist部門」に選出される。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+毎日がときめく片づけの魔法/サンマーク出版)

著書

主な著書に『人生がときめく片づけの魔法シリーズ/サンマーク出版』『イラストでときめく片づけの魔法 片づけレッスンの現場ノウハウをかわいいイラストで再現!/サンマーク出版』『こんまりのときめく毎日 なにげない一日がときめく一日に変わる31の言葉/サンマーク出版』『毎日がときめく片づけの魔法/サンマーク出版』などがある。

近藤麻理恵の名言集

人生について

ときめくモノを残し
ときめかないモノを
手放すことで

自分のことが
好きになれる。

自分は何にときめき
何にときめかないのか。

その問いかけを繰り返す中で
一番大切なことは何か
が見えてきます。

自分のことが好きになれると
毎日の暮らしを
楽しみたくなります。

10日頑張れば
新しい習慣になります。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る