常岡一郎の名言

常岡一郎のプロフィール

常岡一郎

常岡 一郎(つねおか いちろう/1899年1月12日-1989年1月2日/男性)は、福岡県糟屋郡出身の政治家宗教家文筆家。慶應義塾大学理材科在学時に結核にたおれ、闘病中に天理教の修養を始める。1935年に修養団体『中心社』を創設し、月刊誌「中心」を主宰。その他に養護施設中心学園や養護老人ホーム中心荘の経営、健康学園を創建し5健運動を推進。1950年に参議院議員選挙に当選。2期参議院議員を務め、政界引退後は天理大学副学長などを歴任。1969年に勲二等瑞宝章を授章。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊致知/致知出版社)

著書

主な著書・書籍に『自然にまなぶ心/講談社』『運命をひらく心/講談社』『常岡一郎一日一言 運命をひらく言葉/致知出版社』などがある。

常岡一郎の名言集

とにかく人を
喜ばせてあげなさい。

泣く人の涙を
拭いてあげなさい。

人の心に
灯をつけなさい。

人間関係でも
相手が悪いように
思うだろうが違うんだよ。

自分の不徳の姿が
相手に映って跳ね返って
きているんだ。

いずれ満開の花が
咲くのを楽しみに

性根をしっかり持って
強く生き抜くのだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る