大塚純の名言

大塚純のプロフィール

大塚純

大塚 純(おおつか じゅん/男性)は、MUSルーズベルトキャピタル社長を務める実業家ファンドマネジャー。小学校時代までアメリカで過ごし、慶應義塾大学経済学部を卒業。1982年に日本興業銀行に入行。シカゴ大学でMBAを取得後、スイス興銀でファンドマネジャーなどを務める。その後、香港みずほセキュリティズアジア社長や日本産業パートナーズのマネージング・ディレクターなどを歴任。2004年に三菱UFJ証券香港で大中華圏向けファンドを設立。2006年にルーズベルト元アメリカ大統領の曾孫とMUSルーズベルトキャピタルを設立。多くの企業の経営戦略・販売戦略のアドバイザーを務めるほか、未上場会社への投資なども手掛けている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+香港に住む大富豪41の教え/かんき出版)

著書

主な著書に『香港に住む大富豪41の教え これからのビジネスと人生が変わる/かんき出版』などがある。

大塚純の名言集

本業に集中していない経営者は
何をやってもだめだ。

みんながいいと思うビジネスは
すでに多くの人が始めている
と思った方がいい。

バランスが大事。
利益を追求するだけでは
いずれ自爆する。

チャンスがあれば
迷わずつかめ。

心配ばかりしていても
時間はまってくれない。

成功しても
自分の実力は七割。

残りの三割は従業員
そして社会に感謝することだ。

経営は社会との
暗黙の掟がある。

社会にプラスにならない事業は
いずれつぶされる。

過去の成功体験に
しがみついていると
リスクはとれない。

素人の投資家は
リターンしか考えない。

プロの投資家は
リスクを分析して
リターンをとる。

断るときは
きっぱり断ること。

ただし相手の面子を
尊重すること。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る