大森美香の名言

大森美香のプロフィール

あさが来た 大森美香

大森 美香(おおもり みか/1972年3月6日-/女性)は、福岡県築上郡築城町出身の脚本家演出家映画監督。青山学院女子短期大学芸術学科を卒業後、名古屋テレビ放送に入社。東京本部で経理や秘書業務等を担当した後、24歳で退社。その後、フジテレビの契約ADとなり、1998年にテレビドラマ『美少女H』(第12話/脚本・演出)で脚本家デビュー。2000年よりフリーランスに転向。2005年に『不機嫌なジーン』で向田邦子賞を史上最年少で受賞。2016年には人気作となったNHK連続テレビ小説『あさが来た』の脚本を務め注目を集めた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

作品

主な作品(脚本/テレビドラマ)に『連続テレビ小説 あさが来た/2015年』『聖女/2014年』『東京バンドワゴン~下町大家族物語/2013年』『ハングリー!/2012年』『10年先も君に恋して/2010年』『夏の恋は虹色に輝く/2010年』『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~/2009年』『エジソンの母/2008年』『Good Job~グッジョブ/2007年』『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー/2006年』『里見八犬伝/2006年』『連続テレビ小説 風のハルカ/2005年-2006年』『不機嫌なジーン/2005年』『ラストプレゼント/2003年』『きみはペット/2003年』『ランチの女王/2002年』『ロング・ラブレター~漂流教室~/2002年』『カバチタレ!/2001年』など多数。

大森美香の名言集

よい監督ほど
決断を急ぎません。

とことん迷って
よい選択をすること

また状況がよくなるまで
「OK」を出さずに
とことん待つことが

作品のクオリティをあげ
成功の鍵を握っているのです。

大事なのは
「決める」こと以上に

決めたことを信じて
前に進むこと。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る