Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
林真理子の名言 | 地球の名言

林真理子の名言

林真理子のプロフィール

林真理子

林 真理子(はやし まりこ/1954年4月1日-/女性)は、山梨県山梨市出身の小説家エッセイスト。本名は東郷 眞理子(とうごう まりこ)。日本大学藝術学部文芸学科を卒業後、コピーライターとして活動。1982年に処女作『ルンルンを買っておうちに帰ろう』(エッセイ)を出版。1986年に『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞し、小説家として広く知られるようになる。その後も『不機嫌な果実』(テレビドラマ・映画化)、『白蓮れんれん』(柴田錬三郎賞)、『みんなの秘密』(吉川英治文学賞)、『アスクレピオスの愛人』(島清恋愛文学賞)などの作品で評価を集めた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+野心のすすめ/講談社+女のことわざ辞典/講談社)

著書

主な著書(共著含む)に『美を尽くして天命を待つ できるオンナは本気スイッチいつでもON/マガジンハウス』『中島ハルコ・シリーズ/文藝春秋』『マリコノミクス/文藝春秋』『美女と呼ばないで/マガジンハウス』『ビューティーキャンプ/幻冬舎』『美女 千里を走る いい女になるための最強バイブル/マガジンハウス』『美女の七光り/マガジンハウス』『野心のすすめ/講談社』『アスクレピオスの愛人/新潮社』『不機嫌な果実/文藝春秋』『ウーマンズ・アイランド/マガジンハウス』『才色兼備が育つ神戸女学院の教え/中央公論新社』『中年突入!ときめき90s/文藝春秋』『野心と美貌 中年心得帳/講談社』『私のこと、好きだった?/光文社』『年下の女友だち/集英社』『コスメティック/小学館』『最終便に間に合えば/文藝春秋』『美女のトーキョー偏差値/KADOKAWA』『アッコちゃんの時代/新潮社』など多数。

林真理子の名言集

人生のリセットは
何度でもできる。

でも自分でないと
できない。

やってしまったことの後悔は
日々小さくなる。

でもやらなかったことの後悔は
日々大きくなる。

人間は一生
幸せのままで
いられるはずはない。

と同じように
一生不幸のままで
いるはずもない。

自分を信じるということは
他人が自分を
ほめてくれた言葉を
信じるということでもある。

ちゃんと努力して続けていたか
いいかげんにやっていたか。

それを神様は
ちゃんと見ている。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る