ガートルード・スタインの名言

ガートルード・スタインのプロフィール

ガートルード・スタイン

ガートルード・スタイン(Gertrude Stein/1874年2月3日-1946年7月27日/女性)は、アメリカ・ペンシルベニア州出身の著作家詩人、美術収集家。美術収集家として知られるスタイン兄妹の妹であり、パリで画家や詩人たちが集うサロンを開き、多くの芸術家たちと交流をもった。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著作

主な著作(邦訳書)に『スタイン抄/椎の木社』『三人の女/筑摩書房,マガジンハウス』『やさしい釦/書肆山田』『地理と戯曲抄/平凡社』『アリス・B・トクラスの自伝 わたしがパリで会った天才たち/筑摩書房』『みんなの自伝/マガジンハウス』『若きピカソのたたかい/新潮社(ピカソその他/書肆山田)』『ファウスト博士の明るい灯り/書肆山田』『地球はまあるい/書肆山田,ポプラ社』『パリ・フランス 個人的回想/みすず書房』『小説アイダ/マガジンハウス』『Q.E.D.証明おわり/書肆山田』など多数。

ガートルード・スタインの名言集

答えはない。
答えは存在したことがない。

答えはこれからも
存在しない。
それが答えなのだ。

起こってほしい奇跡を
毎日書き出してみなさい。

それは本当に
やってくることになります。

恋をすること。
これが全てです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る