アン・モロー・リンドバーグの名言

アン・モロー・リンドバーグのプロフィール

アン・モロー・リンドバーグ

アン・モロー・リンドバーグ(Anne Morrow Lindbergh/1906年6月22日-2001年2月7日/女性)は、アメリカ・ニュージャージー州出身の飛行家文筆家。夫は大西洋無着陸横断飛行などで知られるチャールズ・リンドバーグ(Charles Lindbergh)。1930年にアメリカで女性初のグライダーライセンスを取得、翌年委プロペラ機のライセンスも取得した女性飛行家の草分け的存在として知られる人物。1955年に『海からの贈物』を発表しベストセラーを記録。数々の賞を受賞し文筆家としても人気を集めた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書(邦訳書)に『聴け!風を/白揚社(聞け!風が/みすず書房)』『未来の波 アメリカの反省/丸岡出版社(未来の波 信念の告白/輝ク会)』『東方への空の旅/新日本圏叢書(翼よ、北に/みすず書房)』『海からの贈物/新潮社(海からの贈りもの/立風書房)』『金の時鉛の時/TBS出版会』『ユニコーンを私に アン・モロウ・リンドバーグの日記と手紙 1922~1928/三好企画』『輝く時、失意の時 ユニコーンとともに アン・モロウ・リンドバーグの日記と手紙 1929~1932/三好企画』などがある。

アン・モロー・リンドバーグの名言集

やり甲斐がある仕事や
面白い人、貴重な持ち物が
多すぎるのです。

なぜなら
つまらない事だけでなくて
重要なことも

我々の生活の
邪魔をするのですから。

成長や改革
変化の中にこそ
本当の安定があるのです。

すべての要求を
満たすことなどできません。

人は海辺の美しい貝がらを
すべて集めることは
できないのです。

この世でもっとも
人を疲れ果てさせるものは
自分を偽る心です。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る