ムン・ヒョンジンの名言

ムン・ヒョンジンのプロフィール

ムン・ヒョンジン

ムン・ヒョンジンは、自動車部品企業Auto Genの専務理事を務める人物。大学在学中にセメスター・アット・シー(Semester at sea/船上で大学の正規授業を受けながら世界を航海するプログラム)に参加し、世界中を船で旅した旅行記を東亜日報(韓国の三大新聞のひとつ)に連載。留学などの経験談をもとに『遊覧船大学物語』『アメリカ学生街物語』などの執筆も行う。MBA取得後、韓国の大手電機メーカー・サムスンSDIのプラズマディスプレイ事業本部に入社。グループ長として、対フィリップス社の売上を10倍以上に伸ばすなど大きな実績を残す。その後、サムスンで学んだことを活かして様々な企業で実績を残している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+サムスン式仕事の流儀/サンマーク出版)

著書

主な著書に『サムスン式仕事の流儀 5年で一流社員になる/サンマーク出版(訳:吉原育子)』などがある。

ムン・ヒョンジンの名言集

「結果」を変えたかったら
「やり方」を変えろ。

世界中どの国でも
「テイク&ギブ」という言葉は
用いない。

これは人と人との関係で
「まず与えること」が
どれだけ大切かを示している。

顔は生まれつきの
ものだとしても

服装はいくらでも
変えることができる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る