ベンジャミン・フランクリンの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベンジャミン・フランクリンのプロフィール

ベンジャミン・フランクリン
書籍一覧

ベンジャミン・フランクリン(Benjamin Franklin/1706年-1790年)は、アメリカ・マサチューセッツ州出身の政治家物理学者発明家。アメリカ独立宣言の起草委員の一人であり、トーマス・ジェファーソンなどと共に最初に署名した5人の政治家の内の一人。アメリカ建国の父として知られる人物であり、彼の著書「フランクリン自伝」はアメリカのロング・ベストセラーの一つとして有名。また、嵐の中で凧をあげ、雷が電気であることを証明したことで有名な物理学者でもあり、避雷針、フランクリンストーブ(燃焼効率の良いストーブ)、遠近両用眼鏡、ロッキングチェアー、グラスハーモニカなどの発明も行っています。また、夏の太陽の出ている時間帯を有効に利用するために、現行の時刻に1時間を加えたタイムゾーン「サマータイム」を考案しましたが、考案当時は採用されなかったとのこと。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書(邦訳書)に「フランクリン自伝」などがある。

ベンジャミン・フランクリンの名言集

人間の幸福というのは、
滅多にやってこないような、
大きなチャンスではなく、

いつでもあるような、
小さな日常の積み重ねで生まれる。

本当に豊かなのは誰か?
それは、
自分に満足している者である。

知識に対する投資は、
常に一番の利益を生み出す。

言い訳が得意な者が、
他の事が得意であることは
滅多にない。

愚か者の第一段階は、
自分をよりよく見せよう
とする事である。

第二段階は、
それを他人に
しゃべることである。

最終段階は、
他人の考えを
馬鹿にすることである。

明日やらなければならないことは、
今日の内にやってしまうこと。
これが人生の秘訣である。

経験というのは、
莫大なお金に匹敵する価値がある。

ただ、ほとんどの人が、
その経験を学びに使わない。

人生の秘訣は、
自分が必要としている
ことではなく、

世の中が必要としている
ことをやることだ。

目上に対しては謙虚に、
同僚に対しては礼儀正しく、
目下には優しく振舞う。

これはみんなが心地よく生きるための、
「社会生活のルール」である。

注意力の欠乏は、
無知にまさる害を及ぼす。

相手を説得するために、
正論など持ちだしてはいけない。

相手にどのような利益があるかを、
話すだけでいい。

規則正しい生活は、
人に健康と富、
そして賢明さを与えてくれる。

他人の短所を
指摘するのではなく、
長所を褒め称えなさい。

他人に楽しみを与える者は、
喜びを受け取ることになる。

もしも、人生をやり直すことが、
出来るのだとしたら、

私はこれまでの生涯を、
始めからそのまま繰り返すだろう。

ベンジャミン・フランクリンの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


関連記事


スポンサーリンク


バックナンバー


▲ページトップに戻る