レイ・クロックの名言

レイ・クロックのプロフィール

レイ・クロック
書籍一覧

レイモンド・アルバート・クロック/レイ・クロック(Raymond Albert Kroc/Ray Kroc/1902年10月5日-1984年1月14日)は、マクドナルドコーポレーションの創業者として知られるアメリカ・イリノイ州出身の実業家。ピアニストやジャズ演奏家、紙コップのセールスマンなど多くの職を転々とした後、1941年に5種類のミルクセーキを同時に作る「マルチミキサー」の独占販売者となり、アメリカ中をセールスして回る。1954年に「マクドナルド」を開いていたマクドナルド兄弟と出会い、効率化された調理システムに惹かれ、兄弟と交渉してフランチャイズ権を獲得。1955年4月にイリノイ州デスプレーンズに最初のフランチャイズ店を出店し、その後フランチャイズ展開を加速、世界最大のファーストフードチェーンにまで成長させる。1955年にマクドナルドシステム会社を設立(1960年にマクドナルドコーポレーションに社名変更)。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男―マクドナルド創業者」などがある。

レイ・クロックの名言集

私は一夜にして成功を収めた
と思われているが、

その一夜というのは三十年だ。
思えば長い長い夜だった。

幸運は、
汗への配当である。

汗をかけばかくほど、
幸運を手にすることができる。

この世界で、
継続ほど価値のあるものは、
ありません。

思考のスケールが小さいと、
その人自身も
小さいままで終わってしまう。

勇気を持って、
誰よりも先に、
人と違ったことをしなさい。

何事も
小さな仕事に分けてしまえば、
簡単になる。

経営書を読む場合、
漠然と活字を追うのではなく、

読みながらこの会社を
自分が経営するならどうするか、
登場する経営者を
自らに置き換えて考えなさい。

著者が書いたことと、
自分の想像を
突き合せながらページをめくりなさい。

「それ」を信じ
「それ」を確信していれば、
失敗のしようがない。

「それ」は
何であろうとかまわない!

必ず「それ」を
手に入れる事が出来る!

社長の指示した通りに
現場が実行するような会社は、
間違いなくつぶれる。

現場の人間が
「社長、それは違います」
といえる会社でないと、
誤った方向に進んでしまう。

ただし、現場の社員は、
社長が本質的に何を指示しているかを
理解しておくこと。

それを現場の判断で
組み替えていくことだ。

粘り強くやろう。
この世に粘り強さに
代わるものはない。

才能も
粘り強さには敵わない。

世界は教育を受けた
落伍者で溢れている。

粘り強さと決断こそが
絶対的な力をもつのだ。

努力もせずに
手に入るものではないが、

諦めずに頑張り通せば、
夢は必ず叶う。

常識を持ち、
目標に向かっていく強い信念と、
ハードワークを愛せる人物なら
誰でも成功できる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る