ヴィクトル・ユーゴーの名言

ヴィクトル・ユーゴーのプロフィール

ヴィクトル・ユーゴー
書籍一覧

ヴィクトール=マリー・ユゴー(Victor Marie Hugo/1802年2月26日-1885年5月22日)は、フランスの詩人小説家政治家。ロマン主義フランス文学の大河小説『レ・ミゼラブル』の著者として知られる人物であり、七月王政時代からフランス第二共和政時代にかけては政治家としても活躍。しかし、政治家としてはナポレオンの強力な反対者となっていたため、ナポレオンの独裁体制樹立後にベルギーへ亡命し、以後約19年に及ぶ亡命生活を送ることになる。この亡命期間中に「レ・ミゼラブル」が完成し、ベルギーより出版され大反響を巻き起こした。また、ユーゴーは「レ・ミゼラブル」の売れ行きが心配で出版社に「?」という一文字だけ書いた手紙を送り、出版社からは「!」(驚きの売れ行き)という一文字だけの返事が返ってきた話は「最短の手紙」として知られている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

作品

主な作品に「オードと雑詠集/1822年」「アイスランドのハン/1823年」「ビュグ・ジャルガル/1826年」「クロムウェル/1827年」「死刑囚最後の日/1829年」「エルナニ/1830年」「ノートルダム・ド・パリ/1831年」「ルクレツィア・ボルジア/1833年」「クロード・クー/1834年」「アンジェロ/1835年」「リュイ・ブラース/1838年」「光と影/1840年」「ライン河/1842年」「小ナポレオン/1852年」「諸世紀の伝説/1859年」「レ・ミゼラブル/1862年」「街と森の歌/1865年」「海の労働者/1866年」「笑う男/1869年」「我が息子たち/1874年」「言行録:亡命以前~亡命中~亡命以後/1875年-1876年」「ある犯罪の物語 第1部・第2部/1877年-1878年」「精気の四風/1881年」「トルケマダ/1882年」「イギリス海峡の群島/1883年」などがある。

ヴィクトル・ユーゴーの名言集

友よ、逆境にあるときは、
つねに、こう叫びなさい。

「希望がある、希望がある、
まだ希望がある」と。

小さな悲しみには
忍耐を持って立ち向かい、

大きな悲しみには
勇気を持って立ち向かいなさい。

毎朝、その日の行動計画を立て、
それを実行する者は、

多忙な人生の中で迷路に迷い込んでも
出口につながる”魔法の糸”を手にしている。

不幸に陥らない秘訣は、
人を愛して、働くことである。

海よりも広いものがある。
それは空だ。

空よりも広いものがある。
それは人の心だ。

夢、これ以外に
将来を作りだすものはない。

「未来」というのは、
いくつもの名前をもっている。

弱き者には「不可能」という名。
卑怯者には「わからない」という名。

そして勇者と賢人には
「理想」という名がある。

生きている者とは、
闘っている者だ。

運命の高い険しい峰を
よじ登る者のことだ。

人生の最大の幸福は、
愛されているという実感である。

もっと正確に言えば、
こんな自分でも愛されている
という実感である。

勇気ある者たちは、
全財産を失ったとしても、
勇気そのものは決して失わない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る