高橋惠子(関根恵子)の名言

高橋惠子(関根恵子)のプロフィール


作品一覧

高橋 惠子(たかはし けいこ/1955年1月22日-)は、北海道川上郡出身の女優。旧芸名・旧姓は「関根 恵子(せきね けいこ)」。夫は映画監督の「高橋伴明(たかはし ばんめい)」。長女はタレントの「秋山佑奈(あきやま ゆうな)」。中学生2年生の時に大映のスチールカメラマンにスカウトされ、大映の研修所を経て、1970年に中学卒業と同時に大映へ入社。同年に映画「高校生ブルース」で主演デビューを果たし、15歳とは思えない大胆な演技で大きな話題を集め、続く主演2作目となる映画「おさな妻」でゴールデンアロー賞新人賞受賞。15歳にして大映末期の看板スターとなる(1971年に大映が倒産したため東宝へ移籍)。その後、ドラマ『太陽にほえろ!』へのレギュラー出演や映画『朝やけの詩』などで話題となる。1979年に一時芸能界引退を表明するが、翌年に芸能界復帰会見を開き活動を再開。映画監督「高橋伴明」と結婚してからは、大人の落ち着きある女性の役柄を多く演じている。(参考文献:朝日新聞どらく+ウィキペディア+楽天ブックス)

出演作品

主な出演映画に「高校生ブルース/1970年」「おさな妻/1970年」「遊び/1971年」「朝やけの詩/1973年」「神田川/1974年」「動脈列島/1975年」「青春の門/1975年」「ラブレター/1981年」「幻の湖/1982年」「TATTOO<刺青>あり/1982年」「大日本帝国/1982年」「ゴルフ夜明け前/1987年」「次郎物語/1987年」「花物語/1989年」「ほしをつぐもの/1990年」「ふみ子の海/2007年」「イエスタデイズ/2008年」「8月のシンフォニー/2009年」「ホームカミング/2011年」「エクレール・お菓子放浪記/2011年」「カミハテ商店/2012年」などがある。

高橋惠子(関根恵子)の名言集

若い頃はまわりの反応や
評価がずいぶん気になったし、
自分のダメなところを
見たくなかった。

「私に限ってそんなはずはない、
ちゃんとしているはず」
「私ならもっとできるはず」
といった気持ちも人一倍強かった。

でも、そういう部分が
ずいぶんなくなりました。

今は「こんなことすらできないのも
自分だよね」というのが
まんざら嫌でもなかったりします。

おそらく自分の足りないところや
失敗を素直に受け入れられるように
なったからでしょうね。

自然の流れに身を任せつつ、
今を大事にして、

昨日より今日、今日より明日
って思いながら
日々を過ごしていければ。

その結果が10年後、20年後に
出てくると思います。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る