河野英太郎の名言

河野英太郎のプロフィール

99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ 河野英太郎

河野 英太郎(こうの えいたろう/1973年-/男性)。日本アイ・ビー・エム株式会社ソーシャル事業部所属。ビジネス書作家。岐阜県岐阜市出身。東京大学文学部を卒業後、大手広告会社や外資系コンサルティングファームで経験を積み、2002年に日本IBM入社。同社にてコンサルティングサービスや人事部門、若手育成部門、サービス営業などを歴任し、人材系ソリューションKenexa(ケネクサ)の日本展開を手掛けた。2012年に著書『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』を発表し、ビジネス書大賞書店賞やオーディオブックアワード審査員特別賞などを受賞。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ/ディスカヴァー・トゥエンティワン+99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ/ディスカヴァー・トゥエンティワン)

著書

主な著書に『99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ 会社で生きぬく「武器」を身につけろ/ディスカヴァー・トゥエンティワン』『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ 最高のチームをつくる82の指針/ディスカヴァー・トゥエンティワン』などがある。

河野英太郎の名言集

自信があるように
ふるまえ。

「とりあえず」ではなく
「まず」と言う。

森:話の全体像
→木:話のポイント
→枝葉:詳細な説明
の順で話をする。

枝葉から話し始めるのではなく
まずは全体像を話すことで
相手のベクトルをこちらに向け

話のポイントを説明し
続いて詳細説明に入るのです。

「やるべきこと」と
「やりたいこと」の
二軸で考えること。

議論とは
新しい価値をつくるために
するものです。

同じ仕事であっても
その先に見据えている
ものが違えば
まったく違うものになる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る