梯久美子の名言

梯久美子のプロフィール

勇気の花がひらくとき 梯久美子

梯 久美子(かけはし くみこ/1961年-/女性)は、ルポルタージュ(報告文学・記録文学)を数多く手掛けるノンフィクション作家。熊本県生まれ・北海道育ち。北海道大学文学部国文学科を卒業後、社長室勤務を経て編集・広告プロダクションを設立。2001年より「AERA」などにルポルタージュを執筆するようになりフリーライターとしての活動を開始。2006年には「散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道」で第37回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

著書

主な著書に『勇気の花がひらくとき やなせたかしとアンパンマンの物語/フレーベル館』『廃線紀行 もうひとつの鉄道旅/中央公論新社』『硫黄島栗林中将の最期/文藝春秋』『散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道/新潮社』『百年の手紙 日本人が遺したことば/岩波書店』『昭和の遺書 55人の魂の記録/文藝春秋』『声を届ける 10人の表現者/求龍堂』『愛の顛末 純愛とスキャンダルの文学史/文藝春秋』『世紀のラブレター/新潮社』『昭和二十年夏、女たちの戦争/角川書店』『昭和二十年夏、僕は兵士だった/角川書店』『猫を抱いた父/求龍堂』『TOKYO 初夜ものがたり/角川書店』『昭和二十年夏、子供たちが見た戦争/角川書店』などがある。

梯久美子の名言集

表現する仕事というのは
自分の能力に失望することの
繰り返しです。

才能だけでは
よい作品は作れません。

では、ただがむしゃらに
努力すればいいかというと
そうではない。

結局はその人が
どう生きているかなのです。

文章でも絵でも
音楽でも同じです。

生きる姿勢
ひいては人格までもが
隠しようもなく
あらわれてしまうのが

表現という行為の
おそろしさであり
素晴らしさ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る