生田幸士の名言

生田幸士のプロフィール

「自分の壁」を越える授業 生田幸士

生田 幸士(いくた こうじ/1953年-/男性)は、大阪府出身の工学者大学教授。医用マイクロマシンや医用ロボットの世界的先駆者として知られる人物。大阪大学で金属材料工学科と生物工学科を卒業後、東京工業大学大学院制御工学専攻博士課程を修了。カリフォルニア大学サンタバーバラ校ロボットシステムセンター主任研究員や東京大学専任講師、九州工業大学助教授、名古屋大学教授などを経て、2010年に東京大学教授に就任。同年に紫綬褒章を受章。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+「自分の壁」を越える授業/ダイヤモンド社)

著書

主な著書(編集書含む)に『世界初をつくり続ける東大教授の「自分の壁」を越える授業 東大生、バカを学ぶ。/ダイヤモンド社』『マイクロメカニカルシステム 実用化技術総覧/フジ・テクノシステム(著:樋口俊郎/編:生田幸士)』などがある。

生田幸士の名言集

「みんなと同じ」に
可能性はない。

他人と違うからこそ
価値がある。

「どうしたいか?」
「どうなりたいか?」
から始める。

「びっくりさせたい!」
から新しさは生まれる。

一流の人は
「他者ありき」で考える。

秀才は課題を効率よくこなし
既存の枠組みの中で
最大限の結果を残す。

天才は、枠組み(ジャンル)
を自分の手で生み出す。

これから求められるのは
「新しいモノ」ではなく
「新しいジャンル」。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る