木下ほうかの名言

木下ほうかのプロフィール

NO-IMAGE

木下ほうか(きのした ほうか/1964年1月24日-/男性)は、大阪府大東市出身の俳優。大阪芸術大学を卒業後、吉本興業に入り、吉本新喜劇に入団。1980年代の新喜劇マンネリ時代と重なったこともあり3年で退団し、井筒和幸監督を頼って上京。数々の映画やドラマに出演し、『悪党』『いじわる』『いけず』といった個性的な役柄の人気バイプレイヤー(脇役)として活躍を見せている。また映画のプロデュースも手掛けており、その際は木下鳳華名義(本名)で活動を行っている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

出演作品

主な出演作品(映画)に『民暴/2016年』『野良犬はダンスを踊る/2015年』『ソロモンの偽証 前篇・後篇/2015年』『グレイトフルデッド/2014年』『イン・ザ・ヒーロー/2014年』『百年の時計/2013年』『だいじょうぶ3組/2013年』『僕の中のオトコの娘/2012年』『月光ノ仮面/2012年』『寒冷前線コンダクター/2012年』『極道めし/2011年』『毎日かあさん/2011年』『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-/2010年』『誘拐ラプソディー/2010年』『スリーカウント/2009年』『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ/2009年』『しあわせのかおり/2008年』『パッチギ! LOVE&PEACE/2007年』『鉄道員(ぽっぽや)/1999年』『マルタイの女/1997年』『ガキ帝国/1981年』など多数。

木下ほうかの名言集

よく「棚ぼた式の幸運」
などと言いますが
何も行動しない人に
棚ぼた餅は落ちてこない。

棚の下まで
自分の足で行かない人に
いいことは起こらない。

満足したら終わりです。
今より上を目指せる
自分でありたい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る