柴田陽子の名言

柴田陽子のプロフィール

コンセプトライフ 柴田陽子

柴田 陽子(しばた ようこ/1971年-/女性)は、神奈川県出身のコンセプトクリエイター、ブランディングプロデューサーコンサルタント著述家。店舗プロデュースや商品開発、コーポレートブランディングなど多技に渡るコンサルティング業務を手掛ける人物。大学卒業後、外食企業で新規業態開発を担当し、化粧品会社で商品開発・サロン業態開発なども経験。2004年に柴田陽子事務所を設立。これまでにセブン&アイ・ホールディングス「グランツリー武蔵小杉」総合プロデューサー、東急電鉄「代官山東横線上部開発計画」「渋谷ヒカリエ レストランフロア」プロデュース、ミラノ国際博覧会・日本館レストランプロデュース、ローソン「ウチカフェ」、パレスホテル東京「7料飲施設」、JOMOバリュースタイルなど多数のブランディングを手掛け高い評価を獲得。また「自分が本当に納得のできる、ものづくりがしたい。」という思いから、理想の洋服作りをはじめ、2013年にファッションブランド「BORDERS at BALCONY」(ボーダーズアットバルコニー)を立ち上げた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+迷いを消す55の「ものさし言葉」/産業編集センター+気が利く人の押さえどころ/WAVE出版+「たった1枚のメモ」でチームが変わるすごいしかけ/日本能率協会マネジメントセンター+柴田陽子事務所 公式ホームページ)

著書

主な著書に『迷いを消す55の「ものさし言葉」 自分らしく、強く前向きに生きるための言葉/産業編集センター』『「たった1枚のメモ」でチームが変わるすごいしかけ 会話も売上も2倍になる「気づきプログラム」/日本能率協会マネジメントセンター』『コンセプトライフ ヒットを生む女子力/サンクチュアリ出版』『部下を、暗闇の中で働かせていませんか? チームが成功するルール作り すべてのリーダーへ。組織のゴールを示せていますか?/モール・オブ・ティーヴィー』『はじめてリーダーになる人の教科書/KADOKAWA』『気が利く人の押さえどころ 仕事と人生を「好転」させる33の小さなルール/WAVE出版』などがある。

柴田陽子の名言集

誰だって思い浮かぶ。
でも行動に移せるのは
100人に一人もいない。

仕事は楽しい方がいい。
これが私の持論です。

仕事を通じて
自分自身が成長できる。

仕事を通じて
素晴らしい出会いがある。

仕事を通じて
人生の素晴らしい思い出を作る

そうした気持ちで
仕事と付き合っていったほうが
仕事は断然面白くなる。

世の中のあらゆる仕事は
お客様を喜ばせることで
成り立っています。

だから、もしも今あなたが
下積みと思える仕事を
していたとしても
決して腐らないでほしいのです

その仕事を通して
あなたは仕事の本質に
触れることができるからです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る