牧野アンナの名言

牧野アンナのプロフィール

牧野アンナ

牧野アンナ(まきの アンナ/1971年12月4日-/女性)は、アイドルや歌手としても活躍したダンスインストラクター振付師。1983年に沖縄アクターズスクールに入学し、1987年にシングル『Love Song 探して』で歌手デビュー。2ndシングルをリリースするもヒットに恵まれず、沖縄アクターズスクールのインストラクターとなる。1992年に安室奈美恵らとアイドルグループ「SUPER MONKEY’S」として再デビュー。しかし安室奈美恵の圧倒的なカリスマ性を前に表に出る人間ではないと感じ、1993年に歌手業を引退。沖縄アクターズスクールでインストラクターの道を歩み、安室奈美恵やMAX、SPEED、DA PUMPなどをはじめ多くの歌手、俳優、タレント育成に携わる。2002年にアクターズ講師から身を引き、ダウン症の子供たちにダンスを教えるスタジオ・LOVEJUNXを主宰。2008年より芸能関係の仕事を再開し、AKB48やSKE48などのダンス指導・振付などを手掛けている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

著書

主な著書に『ダンスチーム ラブジャンクス ダウン症のある子たちと共に/角川春樹事務所』などがある。

牧野アンナの名言集

「わるいこと」は
「いいこと」の布石になる。

苦しいなら休んでいい。
泣いてもいい。
でも決してあきらめないで。

はい、努力してみて
今すぐ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る