藩主の名言 一覧

藩主とは?

藩主
書籍一覧

藩主(はんぬし)とは、日本史における江戸時代の1万石以上の領土を保有する封建領主の大名を指す名称のこと。現在では江戸時代を語る上で多用される用語ではあるものの、江戸時代には公的な制度名として使われていた用語ではなく、使われることも稀であり、「藩主」ではなく「封地名+侯」の呼び名が一般的であったとのこと。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

藩主 一覧

あ行

上杉 鷹山(うえすぎ ようざん)
出羽国米沢藩の第9代藩主を務めた江戸時代中期の大名

た行

伊達 政宗(だて まさむね)
「独眼竜」の異名で知られる戦国武将、仙台藩初代藩主

ま行

水戸黄門/徳川光圀(みとこうもん/とくがわ みつくに)
“水戸黄門”の名称で有名な常陸国水戸藩の第2代藩主

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る