森田節斎の名言

森田節斎のプロフィール

NO-IMAGE

森田 節斎(もりた せっさい/1811年-1868年/男性)は、江戸時代後期に活躍した儒学者。大和出身(現在の奈良県)。猪飼敬所や頼山陽、昌平黌らに学び、京都や備中倉敷などで塾をひらく。門下からは吉田松陰や乾十郎など尊攘派志士を多く輩出し、天誅組の変(1863年)後、門人生の天誅組への参加や自身の活動から幕府に目をつけられ、紀伊国に逃れ、愚庵と号し那賀郡花見村に没した。(参考文献・出典:ウィキペディア+世に棲む日日/文藝春秋)

著作

主な著作に『節斎翁文稿』『節斎遺稿』などがある。

森田節斎の名言集

才能とは
天が人間に貸しているものだ。

人間は磨いてもって
人の世のために使うべきだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る