三遊亭円楽(六代目)の名言

三遊亭円楽(六代目)のプロフィール

三遊亭円楽(六代目)

六代目 三遊亭 円楽(ろくだいめ さんゆうてい えんらく/1950年2月8日-/男性)は、東京都墨田区出身の落語家。本名は「會 泰通」(あい やすみち)。青山学院大学法学部在学中に5代目三遊亭圓楽の鞄持ちとなり入門。三遊亭楽太郎(さんゆうていらくたろう)を名乗り、1976年に二つ目昇進。翌年に6代目三遊亭圓窓の後任として日本テレビ系演芸バラエティ番組『笑点』のレギュラーとなり、お茶の間にも広く知られる落語家となる。放送演芸大賞最優秀ホープ賞や若手落語家努力賞などを受賞し、1981年に真打昇進。2010年に6代目三遊亭圓楽を襲名(ただし、旧字体の「圓」ではなく常用漢字の「円」を使うと表明しており、「三遊亭円楽」を名乗っている)。弟子には三遊亭楽生や三遊亭楽京、三遊亭一太郎など三遊亭一門のほか、石田章洋(放送作家)や伊集院光(タレント)などが落語以外の分野で活躍している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

著書

主な著書(共著含む)に『ジョーダンはよせ!/広済堂出版』『楽太郎の麦ごはん健康法/リヨン社』『楽太郎の実践トーク術 結婚式編/池田書店』『失敗しない司会進行実例百科 結婚式・ビジネス・地域社会での司会をじょうずにこなす/池田書店』『楽太郎の実践トーク術 ビジネスライフ編/池田書店』『こころの日向ぼっこ/法研』『失敗しない司会進行のコツと実例集/池田書店』『楽太郎と税を語る 聞きたい知りたい税のこと/ストーク』『楽太郎と法人税を語る 聞きたい知りたい法人税のこと/税務研究会出版局』『六代目円楽と税を考える 知っておきたい税金の常識/法令出版』などがある。

三遊亭円楽(六代目)の名言集

今いる場所で光る努力をすれば
必ず自分の自信になる。

たとえまわり道だったとしても
その経験は確実に
自分の糧になる。

学生時代は
本の一冊も読まなかったのに

社会に出てから
猛烈に勉強したくなることも
あるじゃないですか。

そうしたら
そこから始めればいい。

「あの時やっておけば…」
などと悔やむことはありません

大事なのは
気付いたときにどうするか。

僕は「リセット」
「リスタート」「リメイク」
という三つの「リ」が
好きなんです。

ダメだと思ったら
「リセット」
元に戻してやり直せばいい。

たとえ何歳だろうと
「リスタート」
つまり再出発できる。

失敗したら
「リメイク」
作り直せばいいんですよ。

失敗したって何かが残るし
失敗から何かが
生まれるかもしれない。

誰だってまっすぐな
道ばかりを歩けない。

その都度
試行錯誤しながら
生きていくのが
成長じゃないでしょうか。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る