Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
俳人の名言 一覧 | 地球の名言

俳人の名言 一覧

俳句とは?

俳句
書籍一覧

俳句(英語:Haiku)とは、五・七・五のモーラ(一定の時間的長さをもった音の分節単位)から成る日本語の定型詩のこと。室町時代に流行した連歌(れんが/多人数による日本の伝統的な詩形の一種)の遊戯性や庶民性を高めた文芸が「俳諧」であるが、松尾芭蕉によってさらに芸術性が高められ、単独でも鑑賞に堪える自立性の高い発句が後世の俳句の源流といわれています。俳句の基本としては、「①五・七・五の「韻律」で詠む」「②基本的に「季語」を入れる」「③一か所、必ず「切れ」を入れる」「④余韻を残すこと」の4つが代表的なものとなっている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

俳人 一覧

あ行

小沢 昭一(おざわ しょういち)
劇団「しゃぼん玉座」を主宰する俳優・俳人・エッセイスト

か行

久保田 万太郎(くぼた まんたろう)
大正から昭和にかけて活躍した俳人、小説家、劇作家

た行

寺山 修司(てらやま しゅうじ)
「言葉の錬金術師」と称される詩人、歌人、エッセイスト

な行

内藤 鳴雪(ないとう めいせつ)
明治大正時代の俳人
長嶋 有(ながしま ゆう)
小説家・コラムニスト・俳人

ま行

正岡 子規(まさおか しき)
明治時代を代表する俳人&歌人
黛 まどか(まゆずみ-)
現代俳句を代表する女流俳人の一人

や行

与謝 蕪村(よさ ぶそん)
江戸時代中期に活躍した俳人&画家

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る