村田清風の名言

村田清風のプロフィール

村田清風

村田清風(むらた せいふう/1783年5月26日-1855年7月9日/男性)は、江戸時代に活躍した長州藩士(家老)。藩主・毛利敬親のもとで天保の改革(江戸時代の三大改革の一つ)に取り組んだことで知られる人物であり、財政難で苦しんでいた長州藩の財政再建を担ったほか、庶民層に対しても教育を薦めるなど教育普及にも力を注いだ。清風は様々な改革を行ったが特に「三七ヵ年賦皆済仕法」(家臣団の負債救済法)が元で商人らに反発を受けることになったほか、下関に設置した越荷方による流通改革が大坂の商品流通の減少を招いたため幕府から横やりが入り退陣。改革の途中であったものの家老の坪井九右衛門に藩政の実権を譲って隠退。その後は子弟教育に力を注ぐ一方で、『海防糸口』『病翁寝言』『遼東の以農古』など多くの著作を残した。また、清風が行った改革は幕末の長州藩の基盤を作ったとして現在でも高い評価を受けている。(参考文献・出典:ウィキペディア)

著作

主な著作に『海防糸口』『病翁寝言』『遼東の以農古』などがある。

村田清風の名言集

実技のやれない者は
理論を言うな。

理論に通ぜぬ者は
実技を論ずるな。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る