アルベルト・ザッケローニの名言

アルベルト・ザッケローニのプロフィール

アルベルト・ザッケローニ

アルベルト・ザッケローニ(Alberto Zaccheroni/1953年4月1日-/男性)は、イタリア・エミリア=ロマーニャ州出身のサッカー指導者・監督。現役時代は地元メルドラでディフェンダーとしてサッカー選手を続けるものの、怪我や長いブランクのため思うようなプレーができず20歳を前にして引退。その後は、家業であったペンションでの勤務や保険代理店経営の傍ら、幼年チームの指揮などサッカー指導者としての活動も継続。1983年にセリエC2(イタリア4部リーグ)のチェゼナティコの監督に就任した後、ウディネーゼ、ACミラン、SSラツィオ、インテル、トリノFC、ユヴェントスFCなどイタリアのクラブチームの監督を歴任。2010年にはサッカー日本代表監督に就任し、アジア予選を勝ち抜き、5大会連続となるワールドカップ出場を果たした。2016年に中国サッカー・スーパーリーグの北京国安の監督に就任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書に『ザッケローニの哲学/PHP研究所』などがある。

アルベルト・ザッケローニの名言集

成功は必ずしも
約束されていないが

成長は必ず
約束されている。

「負けて学べるか」が
名将とそうでない者とを分ける

自分たちがどんな準備をしたか
どんな心構えで臨んだか
そのプロセスだけは
何があっても忘れてはいけない

自信を持つべきは
順位や数字ではなく
辿ったプロセス
そのものにある。

人生とはいかに
チャンスを拾っていけるかだ。

明日なにをするかによって
チャンスはいくらでも広がる。

私には結果を
約束することはできない。

だがベストを尽くす事だけは
約束することができる。

何かを与えてもらえると
思ってはいけない。
自分で獲りにいくんです。

この世界に負けないチームなど
存在しません。

敗戦を受け止めて
次の試合に活かすことが
重要なのです。

何が悪かったのかを分析して
解決策を見つければ
チームは成長できます。

試合に負けた時こそ
強くなるチャンスなのです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る