枡野俊明の名言 第2集

枡野俊明の名言2

枡野俊明

建功寺の住職を務める僧・作庭家「枡野俊明」の名言 第2集をお楽しみください。

(参考文献・出典:禅的 生活ダイエット/こう書房+心配事の9割は起こらない/三笠書房+ゆったり生きる「踊り場」の見つけ方/青春出版社+禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の智慧/幻冬舎+怒らない 禅の作法/河出書房新社)

枡野俊明の名言集

生じている結果には
必ず原因がある。

欠けているものを
悩むよりも

能力を高めることに
集中しなさい。

足ることを知っている人は
今ここにいて
安楽を味わえます。

足ることを知らない人
つまり多欲な人は
どんなに富める暮らしをしても
満足することがありません。

心から楽しめるものに
打ち込んでいたら

その瞬間、瞬間を充実して
生きることができます。

心から迷いや不安が消えて
どんどん前向きに
なっていきます。

自分のできる努力を
コツコツ続ける習慣を
身につける。

その習慣によって
才能を超えることもできる。

境遇があなたの生き方を
左右するのではありません。

あなたの生き方によって
境遇はどんなものにでも
なるのです。

今日なすべきことは
今日やってしまう。

これが時間に追われないための
時間を窮屈にしないための
秘訣であり
これ以上ない極意です。

嫌なことを
先送りにすればするほど

それは重荷となって
心にのしかかってきます。

いま置かれている場所で
力が出せないで

いや、出すことをしないで
別の場所なら出せる
という事があるのでしょうか。

力を出しきれる場所が
はじめからどこかに
あるわけではないのです。

あなたが
力を尽くすことによって
その場所が輝いてくる。

「いま」が
かけがえのない時間
だということに
気づいてください。

怠惰に過ごした「いま」も
なおざりに送った「いま」も

二度と戻ってくることは
ありません。

時間を有効に使うには
「ながら」をやめ

いつもひとつのことに
全力で取り組むことです。

人は人
自分は自分です。

人の言動にいちいち動揺したり
ピリピリしたりしていたら

自分の人生を
しっかりと生きる時間が
奪われてしまいます。

人の短所ばかりを見る人と
長所に目を向ける人。

どちらが幸せかは
言うまでもないでしょう。

生活を変えたいと思った時
「やること」を
新たに加えようとするより

「やらないこと」を
まず決めたほうが
早く変化することができます。

人と自分を比べている限り
心に平安は訪れません。

枡野俊明の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る