下村裕の名言

下村裕のプロフィール

卵が飛ぶまで考える 下村裕

下村 裕(しもむら ゆたか/男性)は、慶応義塾大学法学部の教授を務める物理学者理学博士。東京大学大学院理学系研究科博士課程を修了後、同大学理学部助手や慶應義塾大学法学部助教授などを経て、2000年より慶応義塾大学法学部教授を務める。2006~2012年までは慶應義塾志木高等学校の校長も兼務。自身の研究と並行して、主に文系の学生に物理現象を通じて科学的な発想や思考、実験の楽しさを伝える物理学講義を行っている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+卵が飛ぶまで考える/日本経済新聞出版社)

著作

主な著作(共著・翻訳書含む)に『卵が飛ぶまで考える 物理学者が教える発想と思考の極意/日本経済新聞出版社』『ケンブリッジの卵 回る卵はなぜ立ち上がりジャンプするのか/慶応義塾大学出版会』『乱れと流れ/培風館(横井喜充らとの共著)』『犬も歩けば物理にあたる 解き明かされる日常の疑問/慶応義塾大学出版会(翻訳書/著:ジャール・ウォーカー)』などがある。

下村裕の名言集

思考に
「王道」なし。

答えより
問題を探すほうが難しい。

大きな疑問は
小さな疑問に分解すること。

既存のものを
まず壊してみないと
頭の中に新しいものを
考えるスペースができません。

「創造は破壊から始まる」
と言いますが
まさにその通りです。

人の意見を
聞くことも大事です。

自分では考えつかないような
発想のヒントを
教えてもらえることが
あるからです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る