浅井浩一の名言

浅井浩一のプロフィール

はじめてリーダーになる君へ 浅井浩一

浅井 浩一(あさい こういち/1958年-/男性)は、「人の本質に根ざしたマネジメントの実践」をテーマに講演やコンサルティング活動を行っているマネジメントケアリスト。大学卒業後、JT(日本たばこ産業)に入社。同社で青年国際交流事業「日本青年の船の団員」に推挙されオセアニア各国を歴訪。帰国後は本社勤務となり、同社全国最年少での営業所長に抜擢される。チームが一丸となる独自のマネジメント手法で営業所の業績を急上昇させ、「職場再建のプロ」として次々と組織の再建を任される。JTの経営幹部を勤める傍ら、2001年より経営アカデミー日本生産性本部で企業幹部の指導を始める。その後は業種を問わず、多くの企業や学校、各種業界団体等で幅広く講演やコンサルティング活動を展開している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+はじめてリーダーになる君へ/ダイヤモンド社+浅井浩一 公式ホームページ)

著書

主な著書に『はじめてリーダーになる君へ/ダイヤモンド社』などがある。

浅井浩一の名言集

まず、自分にできることを
一生懸命やる。

人はきっかけがあれば
必ず変われる。

人の心は
肩書じゃ動かない。

人というのは
優秀な人についていくのでは
ありません。

むしろ、自分のことを認め
頼ってくれる人に
ついていきたくなるものです。

「オレは優秀だ。
だから、みんなついてこい!」
と言われるより

「あなたを頼りにしているから
ぜひとも助けて欲しい」
と言われたほうが
何倍もやる気が出ます。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る