Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
軽部征夫の名言 | 地球の名言

軽部征夫の名言

軽部征夫のプロフィール

なぜか「いいアイデア」が次々出てくる人の思考法 軽部征夫

軽部征夫(かるべ いさお/1942年1月27日-/男性)は、東京都出身の生体工学の研究者工学博士、東京工科大学学長・東京大学名誉教授。日本におけるバイオニクス研究の第一人者として知られる人物であり、バイオセンサー開発分野での世界的権威。東京工業大学大学院時代にバイオセンサー研究と出会い、その後、アメリカのイリノイ大学研究員となる。帰国後もバイオエレクトロニクスの研究を続けるが、当時はまだ未開拓に近い研究分野でもあり、軽部の研究室は世界でもトップグループに数えられていた。慶應義塾大学へ赴任予定があったものの、当時の東京工科大学の学長であった相磯秀夫らから誘いを受け、東京工科大学へ赴任。同大学で教鞭をとる傍ら自身の研究も行い、2008年に同大学学長に就任。またバイオテクノロジー関連の著書を多数発表しているほか、一般向けの思考法などの著書も執筆している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+なぜか「いいアイデア」が次々出てくる人の思考法/三笠書房)

著書

主な著書に『なぜか「いいアイデア」が次々出てくる人の思考法 驚くほど、「ものの見方」が冴えてくる/三笠書房』『愛を成功させる法/朝日出版社』『独創力をつける/日本経済新聞出版社』『知的生産考える技術私の方法 頭の使い方が図解でわかる!/三笠書房』『クローンは悪魔の科学か 食糧・医薬・生命力-人類を救うバイオの先端科学/祥伝社』『バイオロマン これが21世紀基幹産業の選択する技術だ/同文書院』『バイオのはなし ここまでわかればオモシロイ/日本実業出版社』『クローン恐竜に出会う日 バイオはついによみがえらせることができるか/同文書院』『バイオコミュニケーションの創造 万物を結びつける第三の情報技術/三田出版会』『バイオエレクトロニクスとエンジニアリングマインド/三田出版会』『バイオソサエティー 生物のおしゃべりが未来技術をつくる/三田出版会』『バイオエレクトロニクスの未来/エヌティティ出版』『トコトンやさしいバイオニクスの本/日刊工業新聞社』『バイオニクス学のすすめ/丸善』『ハイパーバイオ 第2の産業革命がおしよせる/シーエムシー出版』『バイオニクス学事典/丸善』『医療従事者のための医用工学概論/オーム社』『トコトンやさしい生命工学の本/日刊工業新聞社』『図解 環境バイオテクノロジー入門/刊工業新聞社』『バイオセンサーのはなし 生体分子や細胞を用いた新しいバイオ計測法/日刊工業新聞社』などがある。

軽部征夫の名言集

「現在の非常識」は
すぐに「未来の常識」になる。

オリジナリティこそ
トライする価値があるかないかの
一番の基準になる。

オリジナリティの高いものは
成功の確率が非常に小さくても
成功したら画期的なものになる

世界中で誰も
やっていないことを目指せ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る