田村耕太郎の名言

田村耕太郎のプロフィール

世界を観る目 日本を見る目 田村耕太郎

田村 耕太郎(たむら こうたろう/1963年7月23日-/男性)は、鳥取県鳥取市出身の元政治家実業家、ビジネス書作家。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程を修了後、山一證券に入社。企業買収・合併担当として頭角を現し、営業成績トップを叩き出す。新日本海新聞社に移り、同社取締役編集局長などを経て、37歳の時に系列紙であった大阪日日新聞の社長に就任。2002年に参議院鳥取県選挙区補欠選挙に出馬し当選。自民党に入党し、2006年に内閣府大臣政務官に就任。その後、自民党の審議拒否戦術や経済政策の不一致を理由に自民党から離党し、民主党へ移籍。現職国会議員としては初の自民党から民主党への移籍となった。政界から離れてからはシンクタンクの研究員を務めるほか、執筆・講演活動などを行っている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+君は、世界がうらやむ武器を持っている/大和書房)

著書

主な著書に『今、世界は日本を求めているか?/ゴマブックス』『止まらない世界 君はじっとしていられるか?/ゴマブックス』『シンガポール発最新事情から説く アジア・シフトのすすめ/PHP研究所』『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法/朝日新聞出版』『野蛮人の読書術 世界のエリートはなぜ大量の本を読破できるのか?/飛鳥新社』『君は、世界がうらやむ武器を持っている/大和書房』『世界のエリートはなぜ歩きながら本を読むのか?/マガジンハウス』『君に、世界との戦い方を教えよう「グローバルの覇者をめざす教育」の最前線から/講談社』『田村耕太郎の世界を観る目 日本を見る目/宝島社』『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?/マガジンハウス』『君は、世界を迎え撃つ準備ができているか?日本人が世界で生き残るためのたった1つの方法/中経出版,KADOKAWA』『もし日本がひとつの会社だったら「日本経営」進化への提言/星雲社』などがある。

田村耕太郎の名言集

他人の目を気にするな
自分と戦え!

「逃げる」ということは
敗北を意味するのではない。

次に勝利するための準備で
作戦である。

これからの時代の鉄則は
徹底した差別化だ。

自分の強みに立脚した
自分にしかできないことに
資源を集中投入すべきだ。

過去に何をしてきたかではなく
「今、何ができますか?」
が問われる時代だ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る