小飼弾の名言

小飼弾のプロフィール

小飼弾

小飼 弾(こがい だん/1969年8月17日-/男性)は、東京都出身のプログラマー実業家書評家著述家。Jcode.pmの開発者として知られる人物であり、プロジェクトEncode Module(Encode.pm)のメンテナンスやPerlバージョン5.8の開発にも携わったオープンソースの開発者。中学卒業後、16歳で大検取得。17歳の時にカリフォルニア大学バークレー校に入学。1991年に同大学を中退し、1996年に個人資産管理会社ディーエイエヌ有限会社を設立。1999年に当時オン・ザ・エッヂの社長であった堀江貴文にヘッドハンティングされ、取締役に就任。その後、オン・ザ・エッヂの最高技術責任者や中国に設立した子会社の英極軟件開発有限公司副総経理などを務めた。2004年に自身のブログ「404 Blog Not Found」を立ち上げ、アルファブロガーとしても注目を集めた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+本を読んだら、自分を読め/朝日新聞出版)

著書

主な著書に『空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法/イースト・プレス』『未来予測を嗤え!/KADOKAWA(神永正博との共著)』『小飼弾の失言学/洋泉社』『小飼弾のコードなエッセイ 我々は本当に世界を理解してコードしているのだろうか/技術評論社』『「中卒」でもわかる科学入門 「+-×÷」で科学のウソは見抜ける!/KADOKAWA』『本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする“読自”の技術/朝日新聞出版』『働かざるもの、飢えるべからず。 だれのものでもない社会で、だれもが自由に生きる 社会システム2.0/サンガ』『新書がベスト 10冊で思考が、100冊で生き方が変わる/ベストセラーズ』『未来改造のススメ 脱「お金」時代の幸福論/アスペクト(岡田斗司夫との共著)』『小飼弾の「仕組み」進化論 生き残るための“新20%ルール”/日本実業出版社』『働かざるもの、飢えるべからず。ベーシック・インカムと社会相続で作り出す「痛くないない社会」/サンガ』『決弾 最適解を見つける思考の技術/アスペクト(山路達也との共著)』『弾言 成功する人生とバランスシートの使い方/アスペクト(山路達也との共著)』『小飼弾のアルファギークに逢ってきた/技術評論社』『達人に学ぶPerl,CGI道場/インプレス』などがある。

小飼弾の名言集

スタートは
机上の空論であってもいい。

そこからスタートして
実践的な経験知にすればいい。

人を「頭でっかち」とか
「机上の空論」と
揶揄(やゆ)する人たちが

より優れた代案を出す場面に
僕は1度も
お目にかかったことがない。

アウトプットは
質より量です。

普段から何も書いていないのに
いいアウトプットができない
と愚痴る人がいますが

僕に言わせれば
「10年早い!」です。

量が伴わずに
質が向上するわけがない。

ピカソは
「凡人は真似る。天才は盗む」
と言いました。

凡人は単に
コピーを繰り返すだけ

天才はコピーに
アレンジを加えて
自分のものにする。

打てる手は
いくらでもある。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る