柳澤桂子の名言

柳澤桂子のプロフィール

柳澤桂子
著書一覧

柳澤桂子(やなぎさわ けいこ/1938年-)は、東京都出身の科学ジャーナリスト生命科学者エッセイスト歌人。闘病生活の中で作品を発表し続けた人物であり、日本女性科学者の会功労賞、日本エッセイスト・クラブ賞(二重らせんの私)、産経児童出版文化賞(お母さんが 話してくれた 生命の歴史 4巻)、講談社出版文化賞科学出版賞(卵が私になるまで)など多くの賞を受賞。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「いのちと環境 人類は生き残れるか(2011年)」「よく生きる智慧(2008年)」「日本人への祈り(2008年)」「いのちと放射線(2007年)」「いのちの日記(2005年)」「生きて死ぬ智慧(2004年)」「母なる大地(2004年)」「すべてのいのちが愛おしい(2002年)」「ふたたびの生(1999年)」「癒されて生きる(1998年)」「左右を決める遺伝子(1997年)」「安らぎの生命科学(1996年)」「二重らせんの私(1995年)」「いのちとリズム(1994年)」「お母さんが話してくれた生命の歴史(1993年)」「卵が私になるまで(1993年)」「認められぬ病(1992年)」「「いのち」とはなにか(1989年)」「放射能はなぜこわい(1989年)」「愛をこめ いのち見つめて(1986年)」など多数。

柳澤桂子の名言集

どんなに体が苦しくとも、
心が苦しくない状態は、
何とありがたいことでしょう。

そのことにどれだけ、
感謝しなければならないことか。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る