岡本かの子の名言

岡本かの子のプロフィール

岡本かの子
書籍一覧

岡本 かの子(おかもと かのこ/1889年3月1日-1939年2月18日)は、東京府東京市出身の小説家歌人仏教研究家。本名は「岡本カノ(旧姓:大貫)」。夫は漫画家の「岡本一平」。芸術家「岡本太郎」の母として知られる人物であり、大正から昭和にかけて小説家・歌人として活躍。小説家としての実質的なデビューは晩年であり、専心したのも数年間であったが、生前の精力的な執筆活動により、死後に多くの遺作が発表されている。また、夫一平との「奇妙な夫婦生活」(三人婚)を送ったことでも知られている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

作品

主な小説に「鶴は病みき(1936年)」「真夏の夜の夢(1937年)」「母子叙情(1937年)」「金魚撩乱(1937年)」「老妓抄(1938年)」「河明り(1938年)」「丸の内草話(1939年)」「生々流転(1940年)」「女体開顕(1943年)」など。主な歌集に「かろきねたみ(1912年)」「愛のなやみ(1919年)」「浴身(1926年)」「わが最終歌集(1929年)」「新選岡本かの子集(1940年)」などがある。

岡本かの子の名言集

人生は
悟るのが目的ではないです。
生きるのです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る