宮本祖豊の名言

宮本祖豊のプロフィール

覚悟の力 宮本祖豊

宮本 祖豊(みやもと そほう/1960年-/男性)は、比叡山延暦寺円龍院住職や比叡山延暦寺居士林所長を務める。北海道出身。1984年に出家得度(出家の儀式)、1997年に好相行を満行(一日三千回の五体投地という礼拝を行う修業)。2009年に比叡山で最も厳しい修行の一つとされる十二年籠山行(比叡山に十二年間一人で籠り勤めを行う修業)を満行。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+覚悟の力/致知出版社)

著書

主な著書に『覚悟の力 どんなに辛くても十年は続けること。これ、即ち修行なり/致知出版社』などがある。

宮本祖豊の名言集

命懸けの十年を経て初めて
人間としての成長がある。

自分が変わること
それが人間関係改善の
第一の方法。

疲れたと思ったら
自分の身を情報から一度
遮断する所に
置いてみましょう。

携帯電話を手放し
テレビを消し
新聞雑誌も遠ざける。

姿勢を正して座り
深い呼吸を繰り返しながら
自分の心と
向き合ってください。

人生は思い通りに
ならないことばかり

そこに人々の悩みや
苦しみが生まれます。

努力の末に
なるようにしかならない
と心を解放した時
自分の至らなさに気付ける。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る