三枝理枝子の名言

三枝理枝子のプロフィール

空のおもてなしから学んだ世界に誇れる日本人の心くばりの習慣34 三枝理枝子

三枝 理枝子(さえぐさ りえこ/女性)は、株式会社ストロークジャパン代表取締役やパッションジャパン株式会社COOなどを務めるビジネスコンサルタント、作法講師著述家。青山学院大学文学部英米文学科を卒業後、ANA(全日本空輸株式会社)に入社。客室乗務員として国内線、国際線チーフパーサーなどを務め、皇室・総理・国賓などのVIPフライト、新入客室乗務員訓練インストラクターなども担当。同社退職後は、最上級のサービス・ホスピタリティを人や組織に定着させるコンサルタント・作法家として活躍。裏千家茶道師範でもあり、茶禅を主宰するほか、著書も多数発表している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+人は「そとづら」が9割/アスコム)

著書

主な著書に『人は「そとづら」が9割 誰からも好かれる人が密かに実践していること/アスコム』『「あなたと一緒に仕事がしたい!」と言われる42のマナー術/サンマーク出版』『空のおもてなしから学んだ世界に誇れる日本人の心くばりの習慣34 皇室、国賓、総理のフライトを務めた元ANA国際線CAが教える仕事の基本/KADOKAWA,中経出版』『リアルな場ですぐに役立つ最上級のマナーBOOK/メディアファクトリー』『チャンスをつかむ雑談力 出会いを縁に変えるルール/SBクリエイティブ』『空の上で本当にあった心温まる物語シリーズ/あさ出版』『ビジネスで差がつくマナーの心得/サンマーク出版』などがある。

三枝理枝子の名言集

どうしたら出会った人に
好感を持ってもらえる
のでしょうか?

秘訣はたった1つ。
それは「マナー」です。

マナーを重んじている人は
確実に人から信頼され
素敵な人間関係が築けます。

反対に不作法者は
知らないうちに嫌われ
人が遠ざかっていきます。

外見や内面を
整えることは
他人へのマナー。

「私は」「僕が」より
「○○さんは…」と
相手を主語に
会話を進めていけば

相手も話を聞いてくれて
どんどん会話に
心を入れて
くれるようになります。

反論したくなるときほど
発言は控えめに。

「そういう考えがあるのですね
とても勉強になります」
と言ってみましょう。

第一声が「あの~」や
「え~っと」では

とても自信なさそうな印象を
相手に与えてしまいがちです。

もしあなたが
「どうも」派や
「すみません」派
だったとしたら

ちょっと変身して
「ありがとう」派になることを
お勧めします。

「嫌い」よりも
「好き」を見つける

「違う」よりも
「同じ」を見つける

「違う」「嫌い」を
口にしない。

「違う」「嫌い」
といった言葉を
口に出さないように
しているだけで

「違う」「嫌い」という感情を
芽生えさせる機能が
だんだんと衰えていく
ものなのです。

面接官は
彼女の言いたいことを
聞きたいんじゃなくて

面接官が聞きたいことに
どう答えてくれるかを
見ている。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る