鉢嶺登の名言

鉢嶺登のプロフィール

ビジネスマンは35歳で一度死ぬ 鉢嶺登

鉢嶺 登(はちみね のぼる/1967年6月-/男性)は、株式会社オプトの創業者として知られる実業家。千葉県出身。早稲田大学商学部を卒業後、1991年に森ビル株式会社に入社。同社で3年間勤務した後、26歳の時に起業。有限会社デカレッグス(後の株式会社オプト)を設立し、インターネット広告代理店として成長。2004年には同社をJASDAQ上場、2013年には東証1部上場も果たした。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+ビジネスマンは35歳で一度死ぬ/経済界)

著書

主な著書に『ビジネスマンは35歳で一度死ぬ これから生き残る人が持つべき7つの力/経済界』などがある。

鉢嶺登の名言集

「新しい価値を生み出す」
それは世の中に
「あの会社、あってよかった」
と思われること。

「給料さえもらえればいい」
という気持ちでは
あなたに未来はない。

壁にぶつかるということは
その乗り越え方を
覚えるチャンス

自分自身が一皮むけるための
絶好の成長のチャンス。

一番簡単な
一番費用のかからない
自己投資が「読書」。

バラバラなチームを
まとめるために必要なもの。

それは何をおいても
たった一つの
具体的なゴールです。

ゴールは「具体的」に
設定しなければ
単なるスローガン。

「なるんだ」「やるんだ」
と決めて

具体的な目標を設定して
計画に落とし込んで
実行した人間でなければ

なりたいものにはなれない
やりたいことはやれない。

失敗を極力
たくさんしろ。

失敗の大きさが大きいほど
絶対に君は強くなるし
決断すればするほど
磨きがかかる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る