中山庸子の名言

中山庸子のプロフィール

願いがかなう!「夢ノート」のすすめ 中山庸子

中山 庸子(なかやま ようこ/1953年-/女性)は、群馬県出身のイラストレーターエッセイスト。夫は同じくイラストレーターの松本孝志。女子美術大学を卒業後、美術学校「セツ・モードセミナー」で学ぶ。女子高校の美術教師を経てイラストレーターとして独立。自身が愛用していた「夢ノート」に関する著書を多く発表しているほか、仕事やプライベートに悩む女性を応援するエッセイも多数手掛ける。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

著書

主な著書に『思わず笑顔になる101の魔法のことば ママもパパも子どももみんなを幸せにする!/主婦の友社』『夢をかなえる365日の言葉/アスペクト』『50歳からのおしゃれ暮らし/海竜社』『幸せはあなたの隣に! 中山庸子の「いいこと」ネタ帳/マガジンハウス』『自分軸のつくりかた 生きるのがラクになる50の方法/原書房』『ひとり時間がもっと楽しくなる幸せノートのつくり方/KADOKAWA』『50歳からのおしゃれのコツ/海竜社』『50代のいまこそ、しておきたいこと/三笠書房』『おとなの道草 これから!女の自由時間/さくら舎』『シンプル愛され術/中経出版』『心のコリをほぐす50の方法/中経出版』『書き込み式 いいこと日記シリーズ/マガジンハウス』『自分を好きになる『ひとり時間』のすごしかた 人生の主役になれる37のレッスン/原書房』『願いがかなう!「夢ノート」のすすめ なりたい自分、してみたいこと/PHP研究所』『「じぶん時間」のつくりかた/中経出版』『イケメン美術館/原書房』『「なりたい自分」になれる 中山式「いいこと日記」をつけよう!/マガジンハウス』『早起きで人生が変わる! より輝いた自分になる50の方法/ヴィレッジブックス』『こころの霧が晴れる言葉 もやもやに効く108の知恵/マガジンハウス』『朝ノートの魔法 なりたい自分になる成功習慣37のヒント/原書房』などがある。

中山庸子の名言集

誰だって今日一日くらいなら
がんばれるでしょう。

明日以降のことは
その日が今日になったら
考えればいいのです。

幸せな人生には
2種類のメガネが必要です。

ひとつは人生の目標を
眺めるための遠メガネ。

もうひとつは
日々の小さな喜びを
見落とさないための
虫メガネ。

すぐすれば
すぐ済みます。

人生における唯一の秘訣は
目の前にあることに
集中するだけ。

その人の性格は
「人の中の泳ぎ方」で
分かります。

人間関係が
豊かなものになるかどうか。

それは取りだそう
とするものでなく

注ぎ込もうとするもので
決まります。

「親切」と
「おせっかい」。

「親切」は相手が満足
「おせっかい」は自己満足。

穏やかでいたかったら
他人を変えようと
しないことです。

あなたは強引に
あなたを変えようとする人を
好きになれますか?

初めての緊張があるから
親しくなった時の
気軽さが嬉しい。

自分に似ている人からは
共感が得られます。

自分に似ていない人からは
教訓が得られます。

反省も後悔も
一度すれば十分。

根底にあるのは
「愛」。

活力になるのは
「夢」。

自分を愛する
ということは

自分の右手で
自分の左手を

しっかり
握ってあげること。

憎むより
愛するほうが疲れない。

恨むより
許すほうが疲れない。

「今、きれいでいよう」
とすることが

「五年後のきれい」の
はじまり。

中山庸子の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る