臼井由妃の名言

臼井由妃のプロフィール

臼井由妃

臼井 由妃(うすい ゆき/1958年-/女性)は、東京出身のエッセイスト、ビジネス書作家講演家経営者。病身の夫の後を継ぐ形で、専業主婦から経営者に転身し、独自のビジネス手法で多額の負債を抱えていた会社を優良企業に復活させる。その手法がさまざまなメディアで紹介され、日本テレビ系「マネーの虎」にも経営者として出演。自身の経験を元にした起業術、仕事術、時間活用術などのビジネス書のほか、女性の生き方を題材にしたエッセイなども発表している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+「すなお」の法則/あさ出版)

著書

主な著書に『ケタ違いに稼ぐ人はなぜ、「すぐやらない」のか<頭>ではなく<腹>で考える!思考法/青春出版社』『仕事・人生・人間関係がうまくいく「すなお」の法則/あさ出版』『満たされて幸せいっぱい「ひとり時間」の過ごし方 明日が輝く!ちょっとした工夫と心の持ち方/アスペクト』『心が通じるひと言添える作法/あさ出版』『愛する人が死ぬ前にやっておくべきこと 死と向き合うことから「人生最良の時間」が始まる/日本実業出版社』『お金持ちになる男、貧乏で終わる男 一生お金に困らない42の習慣/PHP研究所』『なぜ年収3000万円の男はセンスにこだわるのか?/かんき出版』『できる人は、なぜ本屋で待ち合わせをするのか? この「ひと工夫」が一流の人生を作る。/翔泳社』『お金に愛されて幸せな女性になる7つのリッチルール これで、みるみる幸運体質に変わる!/学研パブリッシング』『50代私らしく輝くための流儀 心地よい生きかた・上手な暮らしかた/アスペクト』『運も出会いも引き寄せてお金に愛される59の習慣/アスペクト』『運と縁を引き寄せるたった6つの習慣/シーアンドアール研究所』『40代を素敵にしなやかに生きるシンプルセオリー/アスペクト』『どんなときもくじけない27の言葉/アスコム』『思いを伝える「たった1%」のひと工夫/PHP研究所』『できる社長は机が小さい/ベストセラーズ』『朝はかならずやってくる 幸せに気づく39の物語/牧野出版』『8割捨てたら仕事は9割うまくいく/朝日新聞出版』などがある。

臼井由妃の名言集

「どうせ」「なんで」
「どうして」「でも」
「だって」「ダメ」

といった言葉が
無意識に出てくる人は

自分が発するマイナス言葉で
チャンスをどんどん
遠ざけています。

どんな分野であれ
成功する人は

ありのままの自分を
いいも悪いもなく
そのまま認め
受け入れています。

好きなことや
楽しいことに興味を覚え
努力を重ねていくうちに
「開花」するのが才能。

武器を手に入れてから
走るのでは遅い。
走りながら武器を拾え。

会社や経営者が
社員に求めているのは

難度の高いスキルや
豊富なキャリアではなく
「人間性」。

実力がいくらあっても
素直でない人には

永遠に本当の意味で
重要な仕事を
任されることはないのです。

立ち居振る舞いと身だしなみは
「余裕・大人・素敵」
がキーワード。

ケチな時間の使い方をする人に
成功者はいない。

事前の準備に勝る
タイムマネジメントはない。

人に会う時間を減らして
時間リッチになることはできない。

15分以上考えるのは
時間の無駄。

くじけない毎日のために
「帰るべき軸」を持ちなさい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る