有田憲史の名言

有田憲史のプロフィール

「売る」文章51の技 有田憲史

有田 憲史(ありた けんじ/1963年-/男性)は、福岡県出身のコピーライター、コピーライティング講師、マーケティングコンサルタントマーケター著述家。広告や販促ツール、Webサイト運営、IRツール、ダイレクトマーケティングの企画やコピーなどを手掛ける傍ら、コピーライティング講師やマーケティングコンサルタント、著述家としても活躍する人物。これまでに電機メーカー、IT、不動産、自動車メーカー、健康食品、流通、食品など多くの業界のコピーを手掛けている。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+「売る」文章51の技 有田憲史/翔泳社)

著書

主な著書に『「売る」文章51の技 説得力あるキャッチコピーとロングコピーの作り方/翔泳社』『ネットで「効く」コピー ネットでは「読まれない」が当たり前 流し読みされても伝わるコピーの書き方とは?/翔泳社』『「売る」コピー39の型 ネット広告、POP、企画書に!知らないとたぶん損する39の技/翔泳社』などがある。

有田憲史の名言集

必要なのは
起承転結ではなく
シナリオ。

なるべく多く
伝えたいですよね?

しかし、訴求ポイントとして
使うのは
上位ひとつかふたつ。

誰に伝えたいのか?
すべての人向けでは
伝わらない。

売り手が一番
アピールしたい
と思っている機能が

ユーザーにとって
一番魅力があるとは限らない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る