吉村昇洋の名言

吉村昇洋のプロフィール

心が疲れたらお粥を食べなさい 吉村昇洋

吉村 昇洋(よしむら しょうよう/1977年3月16日-/男性)は、広島県広島市出身の(曹洞宗)。曹洞宗八屋山普門寺の副住職を務めるほか、臨床心理士(専門は認知行動療法)としての一面も持ち、精進料理・食育の研究著述活動など多岐にわたる活躍を見せる人物。2002年より曹洞宗大本山永平寺にて2年2ヶ月間の修行を行い、永平寺史料全書編纂室勤務を経て、広島の自坊に戻る。2005年からは日本仏教の超宗派若手僧侶が集うインターネット寺院「虚空山 彼岸寺」にて精進料理blogの連載を開始。講義・講演活動、執筆活動のほか、精進料理教室「広島精進料理塾」を主宰するなど精力的な活動を行っており、広島大学や相愛大学の非常勤講師も務めた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+気にしなければ、ラクになる。/幻冬舎+彼岸寺公式サイト)

著書

主な著書(共著含む)に『禅に学ぶくらしの整え方 心のもやが晴れるそうじと片づけ/オレンジページ』『気にしない生き方/幻冬舎』『心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え/幻冬舎』『週末 禅僧ごはん 心とからだをラクにする60レシピ/主婦と生活社』『気にしなければ、ラクになる。/幻冬舎』『小さな心から抜け出す お坊さんの1日1分説法/永岡書店』『いただきます“お寺のごはん” ―仏教と食の関わりから和の暮らしの極意を学ぶ/NHK出版』などがある。

吉村昇洋の名言集

関係を良くしたいのなら
まずはあなたから
行動を変えてみましょう。

たとえば、毎朝
笑顔で挨拶を
してみてください。

人は、悪口を言われると
悪口を返してしまうし

褒められれば
褒め返してしまうもの。

世の中が決めた
勝ち負けの基準に
執着しないこと。

不思議なことに
「勝ち負け」に
こだわる人は多くても

勝敗を決めている
基準について
考える人は少ない。

相手の言葉を
そのまま受けとれずに

その裏までも読もうとして
自分を苦しめているのは
あなた自身。

気にしなければ
ラクになる。

見返りを求めないからこそ
与えられずに苦しむこともなく
さわやかな気持ちでいられる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る