星野明宏の名言

星野明宏のプロフィール

凡人でもエリートに勝てる人生の戦い方 星野明宏

星野 明宏(ほしの あきひろ/1973年3月-/男性)は、東京都町田市出身の教育者、ラグビー監督。静岡聖光学院中・高等学校教頭およびラグビー部総監督を務める人物であり、元電通のビジネスマン。立命館大学卒業後、1995年に株式会社電通に入社。中部支社でテレビ朝日系列・フジテレビ系列のテレビ局を担当し、スポーツビジネス(プロレスやボクシング、総合格闘技等)のプロデュース業を手掛ける。2002年に同社を退職し、筑波大学大学院で教職課程を取得。2007年に静岡聖光学院中・高等学校の教員となり、ラグビー部の監督にも就任。弱小のラグビー部をわずか3年で静岡県の強豪校に育てあげ、高校野球の甲子園にあたる花園にも出場も果たす。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+凡人でもエリートに勝てる人生の戦い方。/すばる舎)

著書

主な著書に『元電通マンの教師が教える 凡人でもエリートに勝てる人生の戦い方。/すばる舎』などがある。

星野明宏の名言集

今置かれている「環境」に
突破への糸口がある。

どんな組織にも
必ず組織の役に立ち
かつ自分を最大限に活かせる
立ち位置が存在します。

リーダーになったときに
もっとも力を入れるべき仕事は
各メンバーの立ち位置を
明確にすること。

凡人がエリートに勝つには
自らの手で
「自分像」をゼロから
つくり上げていく必要がある。

「自分のスタイルがある」とは
物事に取り組むとき
自分の中で大切にすることが
明確になっている状態。

能力ではなくて
発想で勝負しろ。

自信を持つためには
自分の中で
何かひとつでもよいので

自分なりの
成功体験を持つこと。

これが一番の
近道です。

成功体験。
それは「自分は
やればできるんだ」
と思えるのであれば
内容は何でもいい。

映画みたいに弱いチームが
いきなり強くなる
なんてことは絶対ない。

一個ずつ階段を上がっていって
夢が目標になり

目標があって初めて
到達する。

1時間しか
練習できないんなら

その練習時間で
ヘトヘトになる方法を考えろ。

大切なことが
あります。

それは、あれもこれもと
複数の物事を
同時進行で行わないこと。

要は
一点突破。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る